favy
もう試した?favyアプリで飲食店情報をまとめ読み!
更新日: 2018年09月13日
0 お気に入り

【新宿】超新鮮!クセのないラムが絶品!街焼肉的ジンギスカン『だるまや』の楽しみ方

新宿駅西口より徒歩5分ほどのところにある『だるまや』は、最近favy編集部で注目している「街焼肉」の雰囲気を合わせ持った人気のジンギスカン屋さん。超新鮮でレアでも食べられる自慢の生ラムを求めて毎夜ジンギスカン好きが集まる『だるまや』の楽しみ方をご紹介します。

favyをフォロー

新宿西口で新鮮な生ラムが堪能できる、街焼肉的ジンギスカン屋さん『だるまや』

新宿駅西口より徒歩5分ほど、「ヨドバシカメラ新宿西口本店」もほど近い飲食店が密集するエリアの一角、雑居ビルの2Fに店を構える『だるまや』。

路面店ではないので一見さんにはわかりにくいですが、自慢の生ラムを求めお客さんが後を絶たない、知る人ぞ知るジンギスカンの名店です。
七輪から立ち上る煙で軽く視界が曇るほどの店内は、ぎゅうぎゅうに詰めて15人いけるかどうかのカウンター席のみ。
カウンターの中では、限られたスペースでオーダーを捌きテキパキと働く定員さん、いろんな意味で密度の高いお店です。

焼ける生ラムの匂いに混じって店内に漂うどこか懐かしい雰囲気は、さしずめジンギスカン版の「街焼肉」。

そんな『だるまや』の楽しみ方を紹介します。

まずは、生でも食べられるくらい新鮮な生ラムを堪能すべし!

店内に通され席につくとまずドリンクの注文を聞かれ、オーダーを済ませると、ジンギスカン鍋に玉ねぎとモヤシがのった七輪とのセットと人数分の生ラムが出されます。
早速焼きましょう。

店員さんからも説明がありますが、このお店のラムは生で食べられるほど新鮮とのことで、両面を軽く炙る程度で食べるのがおすすめです。

またこれも最初に説明がありますが、野菜は頃合いをみて店員さんが美味しく仕上げてくれるので触らないようにしてくださいね。
好みにもよりますが、焼き具合の目安がこんな感じ。
炭火でかつ分厚いジンギスカン鍋を使っているので、焼いている時間が短くても中が冷たいといったことはないのでご安心ください。
特製のタレに付けていただきましょう。
卓上には、砕いたニンニクチップと中挽きの韓国唐辛子があるのでそれはお好みで。

食べてみるとわかりますが、羊肉特有の臭みはほとんどなく、さっぱりとしてますが旨味の詰まったラム肉が味わえます。
ラム肉に夢中になっていると、タイミングを見計らった店員さんがこのように野菜を仕上げてくれます。
焼きあがった野菜は取りやすいように手前に寄せてくれるので、お肉と一緒にいただきましょう。

ちなみにジンギスカンはこの野菜も魅力の一つ。
ドーム状になっているジンギスカン鍋では、上で焼いているお肉から流れる旨味を含んだ脂が下の野菜にまわることで、野菜がより美味しくなるんです。

なかなか食べられない!ラム100%で肉汁たっぷりの「ラムハンバーグ」は必ず食べるべし!

生ラムだけでも十分満足できる『だるまや』ですが、ここに来たら絶対食べてほしいのがこの「ラムハンバーグ」。

私の知る限り、ジンギスカン屋さんでハンバーグが食べられるのはこのお店だけ。

と偉そうなことを言ってますが、私が勧めるまでもなく、ほとんどのお客さんが注文する名物メニューです。
ハンバーグは、ジンギスカン鍋の上で焼かれます。かなり大きいので少し時間はかかります。

ある程度火が入ってくると、店員さんがバーナーで上からも焼きます。
焼きあがる直前はこんな感じ。
焼き始めと比べるとかなり膨らんでいるのがわかると思います。
この膨らみも美味しさの秘訣です。
焼きあがったらお皿に移して、ソースをかけてくれます。
選べるソースは、おろしポン酢、チーズ、タコス、ガーリックバターの4種類。

どれも美味しいのですが、私のおすすめはこちらの「ガーリックバター」。
おすすめの理由は後から説明しますが、ちなみに一番人気もガーリックバターです。
定員さんから渡されたギザギザスプーンをハンバーグに押し付けると、滝のように肉汁が溢れ出てきます。
断面はこんな感じです。
ソースをたっぷり絡ませていただきましょう。
肉の間にたっぷり肉汁を蓄えたハンバーグは、一口食べると甘い脂と濃い肉の味が感じられます。
食感もタネがしっかり捏ねられているからか滑らかな舌触り。
ガーリックバターとの相性もとても良いです。

とても美味しいので我慢するのが大変ですが、このハンバーグは四分の一残してくださいね。

ラムハンバーグはガーリックライスで2度楽しむべし!

ハンバーグを四分の一残したら、ガーリックライスを注文しましょう。

すると一旦ハンバーグが下げられ、こんな状態で再登場、また目の前でバーナーで表面が炙られます。
店員さんから「どうぞ」と言われたら、先ほどのギザギザスプーンで小皿に取り分けましょう。

そう、先ほどの残ったハンバーグをそぼろ状にしてガーリックバターソースに絡め、そこにご飯を追加した『だるまや』流のガーリックライスです。
さきほど滝のように流れ出した肉汁とソースを吸ったご飯がご馳走に変わっています。

ラムハンバーグを余すことなく堪能するために、ぜひセットで注文していただきたい一品です。

ラムの旨味が溶け込んだタレも最後まで完飲すべし!

ジンギスカンを堪能し残ったタレも美味しくいただく方法があります。
それがこの「お茶漬け」もしくは「スープ」。

定員さんに「ほうじ茶お願いします」というと余ったタレにほうじ茶を注いでくれます。
ご飯が余っていたらそこに投入してお茶漬けにするのがオススメです。

タレに染み出た肉汁の旨味はもちろん、焼いたラム肉の香ばしさとほうじ茶のそれが相まって、スープのような味わいになります。

口の中もさっぱりするので食事の締めにもなりますよ。

人気店なので電話予約がおすすめです!

個性的で味のある街焼肉的ジンギスカンのお店『だるまや』、いかがでしたか?

ご紹介したほかにも、こぶし大もある「ラムの塊肉」やラム肉をもっとレアで楽しめる「生ラムたたき」「炙りラム刺し」など名物メニューはまだまだたくさんあります。

なお、冒頭でも説明しましたが毎夜ジンギスカン好きが集まる人気店なので、行かれる際は電話予約をおすすめします。

また、予約が詰まっているときは1時間半制なのでお気をつけくださいね。

こちらもあわせてご一読ください!大衆的な旨さが詰まった「街焼肉」の世界

favy編集部では、この『だるまや』のように大衆的な旨さが詰まった「街焼肉」のお店を特集中です。
レトロな良さ、気取らない旨さ…が堪能できる「街焼肉」の世界をぜひ覗いてみてください。
つっこ
食べるの大好き、作るのも大好き。最近は塊肉を焼くことにはまってます。もちろん外食も大好き。最近の悩みは、美味しいお店の情報だけ聞かれて、誘われないことです...orz

アクセスランキング

1

【テレビでも話題騒然】日本初のシェア型レストラン『re:Dine GINZA』が1月17日、銀座にオープン!予約を急げ!

re:Dine GINZA
2

【三条】2,980円でサーロインも食べ放題!京都でステーキ食べるなら『オーマイビーフ』

favy
3

【銀座】エビ!ホタテ!キャビア!海の恵に大感謝!一流を極めるイタリアン『WEGIO!! ウィジオ!!』『re:Dine GINZA』

re:Dine GINZA
4

【銀座】ラーメンも!カレーも!フレンチも!日本初のシェア型レストラン『re:Dine GINZA』が1月17日オープン!

re:Dine GINZA
5

【銀座】とろける牛ロースに覆われた、非常識すぎる旨味ラーメン“爆誕”!食べられるのは『re:Dine GINZA』だけ!

re:Dine GINZA

オススメ記事

1

【日本橋】450日の醗酵を経たくず餅は必食!買い物中の一休みには『四季茶寮えど』

favy
2

まるでLA!千駄ヶ谷にお洒落ランチスポット発見!『ブレントウッドテラス』

favy
3

【新宿】100種以上のワインが時間無制限で飲み放題!とろける自家製生チーズと共に『ESOLA』

favy
4

【仙川】雑穀米はおかわり自由!健康も気遣う定食を堪能するなら『かこみ食卓』

favy
5

肉汁ジュワッ!秘伝のハンバーグは1,180円のワイン飲み放題と『浅草グリルバーグ本店』

favy

グルメイベント

濃厚チョコにスイーツ好きも悶絶!『エッグスンシングス』バレンタイン限定パンケーキ登場

1月16日(水) 〜 2月14日(木)

今年のバレンタインは周囲との“差”を!『ミニマル』のチョコレートがハイセンスすぎ

1月10日(木) 〜

【実質0円】平成最後の串カツ祭!「串カツ盛り合わせ」注文で無料券プレゼント!滋賀・草津『おおくら屋』

1月9日(水) 〜 1月31日(木)

ホタテもマグロも大盛り!『スシロー』で豪華ネタのてんこ盛りイベント開催

1月9日(水) 〜 1月20日(日)

ついに上野に肉寿司が初進出!生ビール1杯190円キャンペーン実施中『上野 肉寿司』

1月4日(金) 〜 1月31日(木)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または