favy
もう試した?favyアプリで飲食店情報をまとめ読み!
更新日: 2019年06月21日
2 お気に入り

第1回/バイキング発祥の地・帝国ホテルで、おひとりさまバイキングを決める

食べたいものを、食べたいだけ、食べる。「食べ放題」のロマンは無限。この連載では、ぼっち作家のホッタがおひとりさまでバイキングをめぐり、その魅力をお伝えしていきます。第1回目は日本におけるバイキング発祥の地、『帝国ホテル ブフェレストラン インペリアルバイキング サール』です。ある意味日本一敷居が高いとも言えるこの場所で待ち受けるのは、どんなにインペリアルな食べ放題なのでしょう?

堀田純司
作家。マンガ原作やノンフィクションなども手が...
favyをフォロー

「バイキング」は、帝国ホテルが作った用語!

「バイキング」が日本オリジナルの用語で、その発祥の地が、明治以来の伝統と格式を誇るホテル、帝国ホテルだったことをご存じでしょうか。

「食べたいものを、食べたいだけ」。
この食のスタイルが生まれたのは、東京タワー竣工の年の昭和33年。当時の帝国ホテル社長の犬丸徹三さんが、デンマークで出会った食事をもとに、考案したのだそうです。
ネーミングの由来は、スタッフが映画「ヴァイキング」を見たことがきっかけだったそうで、もしその人が同じ年公開の「大怪獣バラン」(東宝)を見ていたら、バイキングは「バラン」と名づけられていたのでしょうか。

それはともかく帝国ホテルのバイキングは導入された当時から大盛況で、現在へと至ります。
「ぜひ起源を体験してみたい」と思い、予約して(半月後まで空いてなかった!さすが!)、平日ランチをいただいてきました。

ちなみに公式サイトには「大切なご家族、ご友人とのかけがえのないひとときをお過ごしください」と記されていましたが、自分自身と「かけがえのないひととき」を過ごすつもりで、がっつりぼっちで予約しました。

国際的なビュッフェのマナーに従って

ランチの店内はムーディというより、明るく広やか。
ポロシャツなどカジュアルな服装の人も多い。料理は、入り口から、冷たい前菜、サラダやチーズ、温かいメイン料理と時計まわりに配置されていました。
さすが発祥の地だけに「バイキングの楽しみ方」というパンフレットも用意されていて、せっかくなのでそのオススメに従って、前菜からまわって「自分だけのフルコースを完成させる」方針でいくことにします。
ちなみに、この「前菜からメインへ」という「自分なりコースでいくスタイル」は、一応、国際的なビュッフェのマナーでもあります。
ただバイキングは「自由度」こそが魅力。パンフでも、がっつり行きたい人は肉から行くのもぜんぜんアリと記されていて、実際、お店の中も、しゃちほこばった空気はまったくなく、みなさん思い思いに料理を盛りつけていらっしゃり、楽しい雰囲気でした。

なので、私のように「帝国ホテルに一般国民の俺がまぎれ込んで、恥をかくことはないか?」などと変に緊張する必要はまったくありません。
隣りのテーブルの人々はなぜか「くら寿司」の話をしていて、危うく口をはさみそうになったものです。

料理はイ・ン・ペ・リ・ア・ル!

料理は、さすがに美味しい!
前菜で気に入ったのが地中海料理の「アジのエスカベッシュ」。「なんかギルガメシュ叙事詩に出てきそうな名前」と思いながら食べました。
バイキング発祥のお店だけにインフラも充実していて、冷たい料理をひんやりしたまま提供できるよう工夫されていたのも、さすがです。
「アジのエスカベッシュ」エスカベッシュとは地中海風の南蛮漬けのこと
「トマト信者」の私にとって、サラダコーナーにちゃんとトマトがあるのもうれしい。
案外、野菜もちゃんと食べる「ビタミン意識高い系」なので、ありがたくモリモリいただきました。
そしてメイン。ローストビーフもよかったですが、私が「俺のコースのメイン」と見なしたのは「牛フィレ肉のパイ包み焼き 赤ワインソース」。
単品で出てくるのにふさわしい料理が、おかわり自由。これは心が踊ります。
「牛フィレ肉のパイ包み焼き 赤ワインソース」
そこからはもうカオスで、再び冷菜に戻りエスカベッシュを。不足しがちな野菜をまた盛りつけて。
豪華メンバーの中では脇役ながら気に入ったメンチカツとクリームコロッケをお替りと、もりもりお皿を重ねました。
「メンチカツ」に「カニクリームコロッケ」。普段ならメインを張れる料理がここでは脇役に

ぼっちでもたどり着けた「やりきった感」

バイキングにコーヒーと紅茶もついているので、最後にはコーヒーをいただき、なにを達成したのか不明ですが、「やりきった」という達成感にふけり、豊かな余韻を楽しみました。
当然ながら、「帝国ホテルクオリティ」のデザートもよりどりみどり
2時間までは滞在しなかったものの、結構長くいたはず。腹はぱんぱん。
思考能力も低下し、いつにも増してだらしのない顔になっていたことと思いますが、充実した気分でお会計をお願いしました。

「ご満足いただけましたか?」
「はい、美味しかったです!」
「またぜひ、いらっしゃってください」

「はいっ!」と応えたものの、こちらのバイキングのお値段は平日で税込5,800円・サービス料別と、おひとりさまでそう気軽に利用する感じではないのですが、「大切なご家族、ご友人とのかけがえのないひととき」には本当にぴったり。
いつかまたそうした機会に利用させてもらいたいものです。
堀田純司
作家。マンガ原作やノンフィクションなども手がける。代表作『僕とツンデレとハイデガー』(講談社など)。『千の胃袋を持つ男(Mil bolsas estomacales)』と呼ばれる頑丈な消化器系を活かし、食べ放題に挑みます。https://twitter.com/h_taj

アクセスランキング

【神田・蔵前】米国産ポテトを使った個性的なフライドポテトが新登場した3店を紹介! 1

【神田・蔵前】米国産ポテトを使った個性的なフライドポテトが新登場した3店を紹介!

米国ポテト協会
石川・富山で焼肉なら!100分100品1,980円で食べ放題『焼肉家こげたん』『昭和ホルモン館』 2

石川・富山で焼肉なら!100分100品1,980円で食べ放題『焼肉家こげたん』『昭和ホルモン館』

サントリーグルメガイド
銀座『BEER TO GO』の月額2,496円のサブスクサービスで、毎日1杯クラフトビールを楽しめる 3

銀座『BEER TO GO』の月額2,496円のサブスクサービスで、毎日1杯クラフトビールを楽しめる

favy
マズいもう1杯!のキューサイ青汁が「ソラノイロ」とタッグしたらとてつもなく旨かった 4

マズいもう1杯!のキューサイ青汁が「ソラノイロ」とタッグしたらとてつもなく旨かった

山川 大介
【青山周辺】ポテトに骨付きチキンをON!米国産ポテトが主役の新メニューが登場した5店を紹介 5

【青山周辺】ポテトに骨付きチキンをON!米国産ポテトが主役の新メニューが登場した5店を紹介

米国ポテト協会

オススメ記事

【湘南新宿&立川】ポテト×チキン南蛮!? 米国産ポテトを使った新メニューが登場した6店を紹介 1

【湘南新宿&立川】ポテト×チキン南蛮!? 米国産ポテトを使った新メニューが登場した6店を紹介

米国ポテト協会
渋谷で"うどん飲み"!?ビールと楽しむ本格うどんに「おろしすだち」登場『麺㐂 やしま』 2

渋谷で"うどん飲み"!?ビールと楽しむ本格うどんに「おろしすだち」登場『麺㐂 やしま』

favy
【新浜松】肉汁じゅわわ!名物牛100%ハンバーグは粗挽きの肉感とニンニクのWパンチ『ぐるり』 3

【新浜松】肉汁じゅわわ!名物牛100%ハンバーグは粗挽きの肉感とニンニクのWパンチ『ぐるり』

favy
【京都駅】濃厚いりこ&鶏卵あんかけ、本格カレーの3層カレーうどんは必食『つくもうどん』 4

【京都駅】濃厚いりこ&鶏卵あんかけ、本格カレーの3層カレーうどんは必食『つくもうどん』

favy
【綱島】ウニ×肉の旨みを引き立てるのはみそ!日本酒とみそがコンセプトの『てまえみそ』 5

【綱島】ウニ×肉の旨みを引き立てるのはみそ!日本酒とみそがコンセプトの『てまえみそ』

favy

グルメイベント

赤坂に都内最大級の『すしざんまい』が6/24オープン!マグロ解体ショー&割引セール開催!

赤坂に都内最大級の『すしざんまい』が6/24オープン!マグロ解体ショー&割引セール開催!

6月24日(月) 〜
【休日限定】『リザラン新宿』でお客が"得する"ランチコーススタート!

【休日限定】『リザラン新宿』でお客が"得する"ランチコーススタート!

6月22日(土) 〜
【土曜日限定】フォアグラにトリュフも!採算度外視のスペシャルランチ開始『リザラン新橋店』

【土曜日限定】フォアグラにトリュフも!採算度外視のスペシャルランチ開始『リザラン新橋店』

6月22日(土) 〜
【本町】先着100名限定の食事券も!日本酒と焼鳥のペアリングを楽しめる『浅野焼鳥日本酒店』が会員権を販売

【本町】先着100名限定の食事券も!日本酒と焼鳥のペアリングを楽しめる『浅野焼鳥日本酒店』が会員権を販売

6月20日(木) 〜
【銀座】500円でコーヒー1ヶ月飲み放題!『coffee mafia』が話題のキャンペーンを開催!

【銀座】500円でコーヒー1ヶ月飲み放題!『coffee mafia』が話題のキャンペーンを開催!

6月19日(水) 〜 7月19日(金)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または