favy
もう試した?favyアプリで飲食店情報をまとめ読み!
提供: 赤坂バル横丁
1 お気に入り

【赤坂】楽しみ方は無限大⁉︎新感覚餃子に激辛チキンまで!『赤坂バル横丁』の攻略法教えます [PR]

赤坂見附駅から徒歩3分の『赤坂バル横丁』は、ワインと合わせる新感覚餃子や激辛タンドリーチキンが味わえるワイワイ楽しめるお店だけでなく、しっぽりとお酒と燻製料理が味わえる大人な空間など計8店舗のジャンルの異なるお店が軒を連ねます。老若男女問わず、どんなシーンでも楽しめる『赤坂バル横丁』の楽しみ方をお客様のタイプ別に提案してみました!この記事を参考にしながら自分好みの楽しみ方も追求してみてください。

favyをフォロー

立ち食い焼き鳥から燻製バーまで!あなたの好みが見つかる横丁『赤坂バル横丁』

Retina img 3278
東京メトロ丸ノ内線・赤坂見附駅から徒歩3分のところにある『赤坂バル横丁』は、全8店舗を構えるスタイリッシュな横丁です。
しかし、入り口のスタイリッシュさとは違い、軒を連ねるお店は、立ち食いの焼き鳥店やスパイシーフードの専門店や燻製おつまみが楽しめるシックなバーなど幅広いラインップでとってもディープ。

今回は、そんな『赤坂バル横丁』の楽しみ方を様々な視点からご紹介したいと思います!

赤坂OLにオススメしたい『赤坂バル横丁』のはしご術

まず最初にご紹介するのは、女性目線での楽しみ方。近年では、赤提灯系のお店や横丁に足繁く通う方も増えており、女性が最近の横丁ブームを牽引しているといっても過言ではありません。
『赤坂バル横丁』には、女性でも入りやすい&楽しめるお店が多数あります。中でも注目のお店をピックアップしましたのでぜひ、赤坂で“せんべろ”楽しみませんか?

1.今一番旬なものを一番合う味付けで。全てに優しい、焼野菜。

Retina img 3207
まず最初に訪れたいのが、『畑人 焼野菜』。週に4〜5回、農家から届く野菜を見てメニューを考えるという斬新なお店。
農家から直送のため、農家の方が考える、旬の野菜が味わえるのだとか。世の中的な旬よりも本当の旬が少し楽しめるのは嬉しいポイントですね。
Retina img 3227
「本日の焼き野菜」600円(税抜)(左)
「野菜のサングリア」600円(税抜)(右)

お店の名の通りまずは、旬の野菜を焼きで頂きましょう。この日の一品目は、「カブ」。
野菜のサングリアは一緒に頂きましょう。

焼野菜は、本来の甘みを引き立てる味付けが施されており、それぞれの食材や大きさに応じて味付けを変えているのだとか。

サングリアも野菜でしっかりとつけ込まれているので飲みやすく食べ物の邪魔をしないのが特徴的でした。
Retina img 3237
“カブの甘みとうま味を損ねないように”と甘辛い肉味噌とあわせて頂きます。肉味噌を加えることで全体の味わいをギュッと引き締めてくれています。

2.餃子はワインにも合う⁉︎今日はビールじゃないと思わせてくれるアイデア餃子

Retina img 3357
続いて伺いたいのが、『GYOZA!365』。
こちらは、「新感覚餃子」をテーマにアイデアに飛んだ餃子料理を提案しているお店です。
「餃子といえば、ビール」という印象が強いですが、こちらのお店ではワインと一緒に味わう餃子を紹介します。
Retina img 3217  1
「ゴルゴンICEの肉ペッパー餃子」580円(税抜)

特に女性からの注目度が高いのが、餃子をゴルゴンゾーラを凍らせたエアロソースにつけていただくという斬新な一品。
こちら注文するならビールではなく、チーズとのペアリングも意識して赤ワインと一緒に楽しんでほしいとのこと。
Retina img 3222
ニンニク&ペッパーが効いたパンチのある餃子だが、ゴルゴンゾーラのソースをつけることで上品な味わいに変化!
さらに、ソース自体がひんやりとしているので、ニンニクやペッパーのパンチ力をかき消し、さっぱりとした感覚も楽しめます。

他のお店ではなかなか出会えない味わいをぜひワインと一緒にお楽しみください。

3.最後はラムチョップをがぶっと!ついつい手が出てしまい、〆のタイミングを見逃すことも⁉︎

Retina img 3263
3軒目で訪れてほしいのが、『CHOP SHOP』。
こちらでは、十数種類のラムチョップを中心に、様々なチョップされたタパスが味わえます。
3軒目ともなるとそろそろ〆の時間が近づいてきいます。最後にラムチョップをガブッと頬張ってはしご酒を〆ましょう。
Retina favy chopshop pic
「ラムチョップ各種」480円〜(税抜)

今回注文したのが、ラムチョップの中でも人気が高いという、「とろとろシェーブルチーズ」(前列左から2つ目)、「スパイシースパイシー」(前列左から3つ目)、「フォアグラロッシーニ風」(後列左から3つ目)の3種類。

合わせるドリンクは、最後の締めの一杯にもなるので、ビールはビールでも、スタウト系の「生プレモル黒(480円・税抜)」でコクと後味を堪能しましょう。
Retina img 3258
中でも注目したいのが、「スパイシースパイシー(530円・税抜)」。

見た目からも想像ができる辛さですが、一口いただくとその辛さが体全体に伝わり思わず汗が吹き出てしまうほどに刺激的な一品です。
ビールにぴったりで、辛いのはわかっているのでついつい手を出してしまう味わいです。
食べ終えた時には、いろんなストレスから解放された時のような爽快感がきっとあるはずです。

若手サラリーマン必見!『赤坂バル横丁』ならガッツリ飯もOK!

続いてご紹介したいのが、若い男性による『赤坂バル横丁』の使い方です。こちらの横丁にはガッツリとご飯も楽しめるお店も展開されているので、仕事終わりの軽い一杯だけでなく、友人や同僚との食事の場としても楽しめるんです!食事もガッツリと楽しめて、美味しいお酒も飲める。そんな楽しみ方をご紹介します。

1.まずは、『白金気鶏』の焼き鳥盛り合わせとビールで腹ごしらえ。

Retina img 3226
『赤坂バル横丁』の入り口すぐにある『白金気鶏』で、まずはお腹の調子を整えます。

鶏肉専門店が直営で運営する焼き鳥店ならではの品揃えで、鮮度と希少部位の豊富さが魅力。価格もお値打ちなので、ガッツリと楽しみたい日には、まずはこのお店からはじめましょう。
Retina img 3268
「焼き鳥5本盛り合わせ」990円(税抜)

まずはじめに頼んでおきたいのは、焼き鳥の盛り合わせ。塩とタレのどちらかではなく、ハーフ&ハーフという選び方も楽しめます。
お店の方にお任せすれば、それぞれの部位に最適な楽しみ方で提供してくれます。
Retina img 3271
今回は、「せせり」、「ささみの梅しそ」、「ねぎま」を塩で、「レバー」、「かわ」をタレでいただきました。

まずは塩の焼き鳥から順番に頂きましょう。
毎朝一本一本串打ちされている焼き鳥はどれもしっかりとした食感が味わえるだけでなく、風味が豊か!思わずビールが進んでしまいます。
タレのメニューも、九州出身の大将が仕上げた甘めのタレがクセになり、どんどん食欲が増していきます。
食欲が満たされはじめたところで次のお店に移動しましょう。

2.磯の香りが一面に広がる浜焼きはフルーティーなビールとともに。

Retina img 3206
続いて訪れたのは、東北6県の旬食材と地酒が堪能できるバル『トレジオン』。
先ほどは肉を楽しんだので、ここでは、魚をガッツリと楽しんでみましょう。
Retina img 3322
「ホタテの浜焼き」580円(税抜)
「猪苗代ビール(ブラウンヴァイツェン)」900円(税抜)

魚系ならお刺身もいいのですが、ガッツリ豪快に楽しみたいなら、浜焼きがオススメ!
出された瞬間から磯の香りがふわっと立ち上がり、口に含めば噛むたびにホタテのエキスが口の中に広がっていきます。
そこに、フルーティーなブラウンヴァイツェンをぐいっと飲み干せば、鼻に抜ける香りは磯の香りからフルーティーなさわやかな香りに変化!
通常のヴァイツェンよりもフルーティーでとても飲みやすいので、思わずすぐに飲み干してしまうかもしれません。

3.最後もガッツリ!ピリ辛チキンとレモンサワーの組み合わせは無敵⁉︎

Retina img 3302
3軒目は「GSCグッドスパイスカレー」。こちらでは、スパイスたっぷりで刺激的なメニューが楽しめます。

3軒目ともなると満腹中枢が高まってきますが、最後までガッツリ楽しむのが若者流。
このお店で満足指数を100%まで持っていきましょう!
Retina img 3285
「タンドリーホットホットチキン」680円(税抜)
「レモンタワーサワー」480円(税抜)

こちらで注文したのは、お店名物「タンドリーチキン」の中でも最も辛い「タンドリーホットホットチキン」。
タンドリー釜で150〜200度で釜の中で均一に熱が入ることで硬くなることもなく、全体的に柔らかく仕上がるとのことで、どこを食べても柔らかいのが特徴なのだそう。
そして、それに合わせるのが、レモンスライスがタワー状に連なっている「レモンタワーサワー」です。
Retina img 3291
ひとくち口に含むと、最初はパクパクと食べられるのですが、後からジワジワと辛味が襲ってきます。辛さに襲われるたびに口にするレモンサワーは相性抜群!レモンサワーがアクセントとなって、箸がさらに進んでしまいます。
レモンサワーは3杯目が一番レモンの味わいが仕込んで美味しいのだとか。どちらもついついお代わりしてしまいそうですね。

横丁は若者だけのものではない!ベテランサラリーマンも気軽に“せんべろ”できる!

『赤坂バル横丁』には、ワイワイガヤガヤといったお店だけでなく、しっぽりとお酒や旬の食材が楽しめるお店も揃っているんです。騒ぐのではなく、落ち着いてお酒を楽しみたいという方々のための楽しみ方もご紹介します。
Retina img 3208
まずはじめに訪れてほしいのが、『editor’s favるるぶキッチン』。るるぶ編集者が全国各地を取材して見つけた、“全国のおいしい”が集結したお店です。

思わず、観光地に来たような気分も味わえるお店でその土地の名産をまずは味わいましょう。
Retina img 3335
「秋田県男鹿市 春菊のしょっつるバター炒め」 480円(税抜)

今回注文したのは、秋田県男鹿市の特産魚「ハタハタ」を原料にした魚醤「しょっつる」を使った春菊のバター炒め。
春菊そのものの香りと風味は残しつつも、しょっつるの旨味とバターの味わいがプラスされることで春菊の風味がいいアクセントに変化しており、お酒のつまみにぴったりな一品に仕上がっている。
Retina img 3339
「OKINAWA SANGO BEER」各880円

「春菊のしょっつるバター炒め」には、サンゴでできた玉泉洞の地下水コーラルウォーターで仕込んだ沖縄のクワフトビール「OKINAWA SANGO BEER」と合わせます。

なかでも、「SAISON(セゾン)」は、さわやかなIPAという感じで後味にほんのりと苦味が楽しめるので、いろんなおつまみとの相性も良さそうです。

2.脂ののった旬な刺身は、東北で生まれた日本酒でグイッと。

Retina img 3206
続いて訪れたいのは、「若手サラリーマン編」でも登場した『トレジオン』。

今度は、旬魚のお刺身を日本酒と合わせて楽しんでいただきます。
Retina img 3306
「銀王サーモンのお刺身」780円(税抜)(左)
「金華の炙りしめ鯖」(右)

今回注文したのは、「銀王サーモンのお刺身」と「金華の炙りしめ鯖」。
銀王サーモンは、しっかりと脂が乗っています。なめらかな舌触りで食感も柔らか。すごく脂が乗っているので醤油をつけることで、さっぱりと楽しめます。

金華サバもサーモンに負けず劣らずで、十分に脂が乗っています。そのまま食べられるほどに脂が甘いのが特徴ですが、『トレジオン』では大根おろしと一緒にいただくのが定番とのこと。さらに脂の多いハラスの部分も用意されているので、味の違いを楽しむのもアリですよ。
Retina img 3317
そんな脂ののった魚たちと合わせるのが、秋田県の純米吟醸「山本」。お刺身と合わせてたっぷりといただきたい方は、このようにヤカンで注文することもできます。

グラスに注がれた瞬間から華やかな香りがたちあがる一杯はキレがあり、料理の味の引き締めにはもってこいです。
「しっかり食べて、しっかり飲む」のいいサイクルを作ってくれるお酒です。

3.〆は燻製とウイスキーでゆっくりとした時間を味わう

Retina img 3204
最後に訪れたいお店は、『赤坂バル横丁』で最も奥にある『pier69』。
自家製の燻製料理とそれに合わせたウイスキーが味わえるお店です。
『赤坂バル横丁』の中でもこのお店だけ時間が止まったかのようなゆっくりとした時間が過ごせるお店なので、お酒と時間を嗜みたいという方にはもってこいです。
Retina img 3348
「おつまみ盛」1,200円(税抜)
「クラフトハイボール(メイカーズマーク)」680円(税抜)

メーカーズマークのハイボールと燻製のおつまみ盛(うずら卵、ベーコン、スモークチーズ)をオーダー。
燻製メニューは自家製で複数のチップをブレンドして燻しているとのこと。また、メニューや気分に合わせて、ウイスキーの銘柄や飲み方の提案までしてくれるそう。
その日の気分に合わせてマスターに相談してみるのもいいでしょう。
Retina img 3351
しっかりとボリュームもあるものの、燻製香の香ばしさがハイボールとの相性を高めてくれる。最後に軽く一杯にちょうどいいボリューム感も嬉しいところ。

ほどよくお腹と気持ちを落ち着かせるのにはもってこいなお店です。

おわりに

『赤坂バル横丁』の様々な楽しみ方をご提案してみました。もちろんここに載っていない楽しみ方もたくさんございます。そんな『赤坂バル横丁』も2018年6月にオープン1周年を迎えます。ぜひ実際に足を運んでみて、自分好みの楽しみ方を見つけてみませんか?
favy
favyおすすめの飲食店の記事を書きます。

アクセスランキング

1

【池袋】赤身だから肉本来の旨味が味わえる!噛むほどに溢れる肉汁と食感が楽しい『馬肉バル 跳ね馬』

favy
2

【期間限定】ブラックニッカが新しいハイボールを提案!六本木にBARをオープン

Izumi Hatanaka
3

【伊丹】同じハラミでも異なる味わい!?脂の乗った和牛と肉肉しいUS牛を食べ比べ『焼肉バル∞エイト』

favy
4

【上野】総重量580g!チキン・ポーク・ビーフ3つの肉に豪快にかぶりつけ!『イルカドッチョ』

favy
5

多くの飲食店が高く評価する“もの凄い鯖”が食べられる焼き鯖料理専門店『なのに。』

つっこ

オススメ記事

1

【西新宿】ランチ難民集合!日替わり肉料理が1000円以下!『コーヒーマフィア』

favy
2

コスパの高い飲み会ができる!6月28日まで1,000円で肉食べ放題!西新宿『コーヒーマフィア』

favy
3

心ゆくまでお肉を堪能!ローストビーフが今だけ食べ放題!西新宿『コーヒーマフィア』

favy
4

【六本木】1日に1,500杯販売!?“背脂チャッチャ系”伝説のラーメン店『ラーメン香月』

favy
5

【6月23日〜】5日間限定でドリンク全品半額!炭火焼肉とお酒をお得に堪能!五反田『まるは』

favy

グルメイベント

“極上生ウニ”に国産うなぎ『かっぱ寿司』で夏限定フェア開催!

6月21日(木) 〜 7月22日(日)

【期間限定】ブラックニッカが新しいハイボールを提案!六本木にBARをオープン

6月21日(木) 〜 7月8日(日)

【期間限定】ロッテリアから“辛い”バーガー、メキシカンスパイシーが新登場!

6月21日(木) 〜 7月4日(水)

【3日間限定】夏野菜たっぷり!青唐辛子の爽快感夏ラーメンが特別価格に!『喜多方ラーメン坂内』

6月21日(木) 〜 6月23日(土)

浜松町『インターコンチ』のビアガーデンがおしゃれ!しかもリーズナブル

6月20日(水) 〜 9月14日(金)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または