更新日: 2018年09月13日
0 お気に入り

香り豚×ホルモン焼きの新業態で勝負に挑む 板橋区の本蓮沼駅に「ごぞうろっぷ」が8月1日オープン

都営三田線の本蓮沼駅は、大手町や日比谷、神保町といったビジネス街に一本で行ける利便性の高さも相まって、多くのファミリー層が住む。こうした特徴を持つ本蓮沼駅から徒歩一分の場所に8月1日オープンしたのが「埼玉県加須市松村牧場直送 香り豚一頭買い 豚ホルモン焼き専門店 ごぞうろっぷ」だ。運営は、AIYOクリエーション(東京都板橋区、代表取締役 長岡雅也氏)。

FOOD STADIUM
飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信す...
favyをフォロー
大衆的な雰囲気が漂う外観は、中山道沿いでひときわ目を引く建物だ
もともと同店は「中仙酒場ちびろく」だった。「中仙酒場ちびろく」は、同社の創業店「中仙酒場 串屋 さぶろく」の姉妹店として2015年9月29日に誕生。餃子と串揚げ、大皿料理をキラーコンテンツにし、一人でも飲める気軽さも受けてオープン以来、大盛況を誇った。しかし好況だったにも関わらず、今回、完全リニューアルを敢行する。そのきっかけになったのが「香り豚」だ。そもそも「中仙酒場ちびろく」の餃子に、香り豚のラードを使用していた。その頃から代表取締役の長岡氏は、脂が乗っているのに重たくない香り豚の魅力にひかれて「もっと香り豚の良さを伝える業態を作りたい」と考えて、構想を練る。そして、同社では初の試みだったが、ホルモン業態が一番魅力をダイレクトに伝えられると判断し、「埼玉県加須市松村牧場直送 香り豚一頭買い 豚ホルモン焼き専門店 ごぞうろっぷ」をオープンさせた。
艶のある作りの店内には、4名かけと6名かけのテーブル席も用意
なお香り豚とは、埼玉県加須市の松村牧場で生産されているSPFポークだ。飼料に良質な丸粒とうもろこしを使用し、厳しい防疫体制を敷いたクリーンな環境下で育てられた豚は、週120頭 程度しか出荷できないとあって高い希少価値を持つ。松村牧場が埼玉県で唯一のSPF豚農場という背景もあり、取引を希望する業者は多い。同店では、香り豚と松村牧場に敬意を表すため「埼玉県加須市松村牧場直送 香り豚一頭買い 豚ホルモン焼き専門店」というショルダーネームを付けた。一見、長すぎるようにも感じるが、ショルダーネームによってホルモン焼き店だと周辺住民に分かってもらえるメリットもあり、効果は大きい。
「おまかせセット」の「ホルモン」(7種350g)はボリュームもあって種類も多いため、オーダー率は高い
同店のメニュー中心の「おまかせセット」は、「赤身肉」(4種200g)と「ホルモン」(7種350g)の2種類が用意されており、どちらも2000円とかなりリーズナブルだ。また「香り豚レバ刺し」(580円)や「ホルモン煮込み」(380円)などの別の角度から香り豚の魅力を引き出したメニューも見逃せない。ドリンクでは「おまかせセット」を注文すると、オーダーする全てのドリンクが100円となる挑戦的な企画を行う。メニューには「生ビール」(380円)や「レモンサワー」(380円)、「角ハイボール」(380円)などが並んでおり、客からの評判は上々だ。また、各280円でそろうソフトドリンクも100円になるため、休日になると家族連れの姿が目立つ。
「香り豚レバ刺し」(580円)や「ホルモン煮込み」(380円)、「めちゃ旨TKG」(380円)には、居酒屋で培った同社のノウハウが詰めこまれている
今回、新業態として誕生した「埼玉県加須市松村牧場直送 香り豚一頭買い 豚ホルモン焼き専門店 ごぞうろっぷ」。小さな坪数で営業できて、ワンオペレーションでも店舗を回すことができるため、展開の幅は広い。長岡氏も「板橋区内を中心に、積極的な展開をしていきたいですね」と意気込みを語るが、それと同時にサービスにもこだわっていく。同社では「心接(しんせつ)」という“心で接するサービス”を提供することを大切にしている。そもそも居酒屋に来る人は、酒や料理だけを求めているわけではない。元気をもらいたかったり、気持ちをリフレッシュしたかったりする目的でも居酒屋に来店する。その時、重要になるのがサービスだ。だからこそ、同店でもサービスには力を入れていって、地域になくてはならない店に育て上げていく。新業態の誕生で、同社に新しい選択肢が加わった。長岡氏のブランドがさらに多くの板橋区のエリアに根付く日は近い。

(取材=三輪 ダイスケ)
AIYOクリエーションの代表取締役・長岡雅也氏
【店舗情報】
店名:埼玉県加須市松村牧場直送 香り豚一頭買い 豚ホルモン焼き専門店 ごぞうろっぷ
住所:東京都板橋区泉町6-13
アクセス:都営三田線本蓮沼駅から徒歩1分
電話:03-3968-1136
営業時間:17:00〜24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:なし
坪数客数:8.5坪 22席
客単価:2500円
運営会社:株式会社AIYOクリエーション
オープン日:2017年8月1日
favyサブスク
favyサブスク
FOOD STADIUM
飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」⇒ http://food-stadium.com/

アクセスランキング

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中 1

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

favy
【4月14〜20日】ナゲット10ピースが半額!『ケンタッキー』でお得なキャンペーンが開催! 2

【4月14〜20日】ナゲット10ピースが半額!『ケンタッキー』でお得なキャンペーンが開催!

favyグルメニュース
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン 3

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

favy
【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ! 4

【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ!

favy
「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足! 5

「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足!

29ON(ニクオン)

オススメ記事

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売 1

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売

favy
「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足! 2

「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足!

29ON(ニクオン)
【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ! 3

【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ!

favy
【門前仲町】厚さ3cmのトンカツをドーン!ガッツリ系カレーが『IZUMITEI』に新登場! 4

【門前仲町】厚さ3cmのトンカツをドーン!ガッツリ系カレーが『IZUMITEI』に新登場!

favy
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン 5

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

favy

グルメイベント

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売

4月10日(土) 〜 7月9日(金)
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

4月8日(木) 〜 4月14日(水)
【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

3月26日(金) 〜 4月30日(金)
月額500円で浜松市の飲食店で特典がもらえるサブスク『やらまいかパス』がスタート

月額500円で浜松市の飲食店で特典がもらえるサブスク『やらまいかパス』がスタート

3月8日(月) 〜
クーポン画像見せるだけ!『居酒屋一休』で全メニュー半額の「一休カード」を無料ゲットしよう

クーポン画像見せるだけ!『居酒屋一休』で全メニュー半額の「一休カード」を無料ゲットしよう

3月1日(月) 〜 4月30日(金)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または