更新日: 2024年04月26日
1 お気に入り

映画「パラサイト」で話題の本場の韓国麺を大久保『ジャジャン麺ハウス』で食べてきた

アカデミー賞主要4部門を獲得した映画『パラサイト』に登場して話題になった韓国の麺料理『ジャジャン麺』。注目度急上昇中のこの麺を本場そのままの味で食べられるのが大久保『ジャジャン麺ハウス』。しっかりグチャグチャにかき混ぜて満喫してきました。……人種の坩堝にして食文化のカオス、美食と猥雑が入り乱れる新大久保でしか味わえないディープグルメを探索します。

ナマステ菊池
岩手県出身の38歳。実話誌の編集者として芸能...

大久保『ジャジャン麺ハウス』の「ジャジャン麺」は韓国人のソウルフード

いま大注目されている韓国料理、それは「ジャジャン麺」である。
ハングルの本場の発音では「チャジャンミョン」とも呼ばれ、日本では韓国風ジャージャー麺とも呼ばれてきた。
もともと中国の麺料理が韓国でカスタマイズされ、彼らの口に合うように変化してきた料理だ。
少なくとも100年ほど前から食されてきたとされ、価格も安く出前やインスタントでも食されるため、最も韓国でポピュラーな国民食とも呼ばれている。

そんなジャジャン麺が一躍有名になったのは、アカデミー賞で主要4部門を獲得した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の劇中で、とっても美味しそうにジャジャン麺を食べるシーンがあったからである。
もう皆さんはこの話題作をご覧になっただろうか? ネタバレになるのでシーンの詳細は書けないが、世も羨む金持ちの美人マダムが、サイコロ状に切った牛肉とまっ黒な味噌を混ぜたジャンクな一皿をかき込む様は、なんとも暴力的というか、エロチックなまでに魅力的なのだ。

本場の味を求めて職安通りへ

大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」の外観
実際このシーンに心奪われた人も多いようで、本作の劇場公開以降、インスタで「#ジャジャン麺」「#ジャージャー麺」というハッシュタグもよく見るようになった。
ところが本場韓国ではいつでも食べられる庶民の食べ物であるが、こいつをオリジナルなまま日本で食べるというのは意外と難しい。
そこで大久保である。
国内有数のコリアンタウンである大久保界隈には、現地の味をそのまま提供してくれるお店が存在する。今回はその中から、多くのリピーターを獲得している人気店『ジャジャン麺ハウス』を訪れた。

場所は大久保エリアの南端、ドンキ・ホーテ職安通り店のちょうど向かいあたりにある。新大久保駅から約8分。住所は歌舞伎町になるのだが、この辺りは歌舞伎町と大久保の端境であり、ホルモン屋や韓国風刺身専門店などプチコリアンタウンを形成している面白い場所だ。
そんな路地の一角にある『ジャジャン麺ハウス』は、韓国人オーナーが経営する“韓国式中華料理”の専門店。とくに店名からも分かるようにジャジャン麺を売りにしている。
大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」のメニュー
「アニョハセヨ! 1番奥のテーブルどうぞ」

休日の昼下がりにおじゃますると、若いカップルやご夫人、はたまた韓国人親子などで大盛況である。こじんまりとした店内で、唯一空いていた1番奥の席に座る。
ここは迷う事なく「ジャジャン麺」を注文……しようと思ったら壁にセットメニューの案内が。
韓国風甘酢豚(タンスユク)も魅力的ではあるが、お隣のお嬢さん達の卓上の皿を見ると、とてもひとりで食べ切れそうな量ではない。結局はラーメンのありがたいお供、揚げ餃子を頼むことにする。

のれんで仕切られた調理場からは「ドスン、バタン」という音が聞こえてくる。このお店は手延べの自家製麺なので、いままさに麺をうっている音だ。
そしてふと横を見ると、巨大なタッパーに入った何やら黒い物を店員さんがグルグルかきまぜている。そうか、これがジャジャン麺の黒味噌なのか!
実に手際がよいなあ、とぼんやりしていたところ「ハイ、お待ち」と付け合わせの黄色いたくあん、生のタマネギ、そして黒い味噌が。
「韓国料理なのにたくあんなのか」と変に感心していると、間髪あけずにジャジャン麺が運ばれて来た。注文してからわずか5分。は、速い!

漆黒の濃厚タレにもちもちの太麺。これを一気にかき混ぜる

大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」のジャンジャン麺
麺が見えないほどたっぷりとかけられた漆黒のタレ。一見、甜麺醤(テンメンジャン)のようだが、これはチュンジャンと呼ばれる黒豆で作った黒味噌にカラメルを混ぜたもの。そこに豚肉とタマネギを混ぜて炒め、とろみをつけた濃厚なタレなのだ。
こいつをグチャグチャに混ぜる。そう、グチャグチャにだ。
大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」のジャンジャン麺
麺自体は白いツルツルとした太麺なのだが、タレと混ぜ合わせることによって、丼いっぱいにブラウンな何かが生まれる。日本料理にはない見た目。しいて言えばソース焼きそばだが、いやそれよりもっと凶悪な黒いヤツの誕生だ。
恐る恐るぐちゃぐちゃに混ぜきった麺をすすってみる……何これ。う、うまい!
大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」のジャンジャン麺
たしかにタレは甘いのだが、砂糖をぶっ込んだような嫌な甘みではなく、ほんのりとしていながら豚やタマネギからのコクも出ている何とも不思議なもの。
平打ちのしこしこ、もちもちした麺とベストマッチで、絡み合った旨味が渾然一体と押し寄せてくる。
味わいが濃厚なだけに、ちょっとくどいなと思いだしたときに、たくあんをパリパリ。うん、イッツジャパニーズな塩気と酸味が口の中をリセットし、このタレがまた生きてくる。なるほど。
卓上のツボには韓国レストランお馴染みの食べ放題キムチがつまっていた。こいつも日本風の変に甘いものではなく、きっちりと辛く酸っぱいオリジナルテイストだった。

キムチとよく合うカリカリの揚餃子

大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」の揚餃子
さあ揚げ餃子の登場だ。カリカリに揚がった餃子は小ぶりだが、食感がよい。肉の旨味もたっぷりで、キムチと良く合う。甘み、酸味、辛み、様々な要素が混ざり合っている。まるで韓国の国旗の中央に配された太極(宇宙)のように、すべてが一体となった旨味だ――。
大久保の韓国料理「ジャンジャン麺ハウス」の揚餃子
量は多めだがペロッといけてしまった。会計をたのみ「マシソヨ(美味しかったです)」と伝えると「カムサハムニダ! またどうぞ」と大きな声で返していただいた。はい、また来ます。

自分で「チャパグリ」を作るなら、近くの韓国広場で購入すべし

お腹いっぱいで店を出て職安通りを1分ほど右に歩くと、創業27年の韓国食材スーパー『韓国広場』がある。
映画『パラサイト 半地下の家族』で家政婦が作っていたジャジャン麺は「チャパグリ」と呼ばれ、チャパゲティとノグリというインスタント麺を使用している。
韓国広場で売られているチャパゲティとノグリ
韓国広場には袋麺も売っているし、カップ麺タイプも扱っている。ジャジャン麺そのものの商品も売っているため、ここで食材を買って家でジャジャン麺を楽しむのもいいだろう。
favyサブスク
映画「パラサイト」で話題の本場の韓国麺を大久保『ジャジャン麺ハウス』で食べてきた

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

\ SNSでシェア /
favyサブスク
ナマステ菊池
岩手県出身の38歳。実話誌の編集者として芸能スキャンダルから裏風俗まで幅広く取材を続けている。職業柄、歌舞伎町~大久保界隈の事情に詳しく、週の半分は大久保に訪れている。元妻はネパール人。

アクセスランキング

7/11限定|究極の炭水化物コンボ!食パンに旨辛まぜそば詰めた「蒙古パンメン橋本」が登場!自由が丘『小麦の奴隷』 1

7/11限定|究極の炭水化物コンボ!食パンに旨辛まぜそば詰めた「蒙古パンメン橋本」が登場!自由が丘『小麦の奴隷』

グルメライターAI
秋葉原│料理1品108円〜!とにかく安く飲める居酒屋『ビーフキッチンスタンド』が電気街口にオープン 2

秋葉原│料理1品108円〜!とにかく安く飲める居酒屋『ビーフキッチンスタンド』が電気街口にオープン

favy
【7/2〜】100種のクラフトビールを自由に選んで楽しむ『クラフトビール100 Otomoni×サケリスト』オープン 3

【7/2〜】100種のクラフトビールを自由に選んで楽しむ『クラフトビール100 Otomoni×サケリスト』オープン

favy
水道橋│松阪牛の焼肉コースが5,000円!日本三大和牛をリーズナブルに楽しめる『焼肉ストーリー』 4

水道橋│松阪牛の焼肉コースが5,000円!日本三大和牛をリーズナブルに楽しめる『焼肉ストーリー』

favy
汐留|2貫から気軽に寿司を楽しめる!天然本マグロにこだわるマグロ専門店『鮪のシマハラ』 5

汐留|2貫から気軽に寿司を楽しめる!天然本マグロにこだわるマグロ専門店『鮪のシマハラ』

favy

オススメ記事

牡蠣にステーキ、郷土料理も!自由に組み合わせてワイワイ楽しむ『天文館かごしま横丁』 1

牡蠣にステーキ、郷土料理も!自由に組み合わせてワイワイ楽しむ『天文館かごしま横丁』

favy
水道橋│松阪牛の焼肉コースが5,000円!日本三大和牛をリーズナブルに楽しめる『焼肉ストーリー』 2

水道橋│松阪牛の焼肉コースが5,000円!日本三大和牛をリーズナブルに楽しめる『焼肉ストーリー』

favy
【三越前】100種のクラフトビールを自由に選んで楽しむ『クラフトビール100 Otomoni×サケリスト』オープン 3

【三越前】100種のクラフトビールを自由に選んで楽しむ『クラフトビール100 Otomoni×サケリスト』オープン

favy
国産生姜や黒糖味のプロテインドリンクが登場!初月3980円で毎日飲めるサブスクも『コーヒーマフィア』 4

国産生姜や黒糖味のプロテインドリンクが登場!初月3980円で毎日飲めるサブスクも『コーヒーマフィア』

favy
東京・日本橋で「モネ&フレンズ・アライブ」とのコラボドリンクを販売。『サケリスト 日本橋室町』 5

東京・日本橋で「モネ&フレンズ・アライブ」とのコラボドリンクを販売。『サケリスト 日本橋室町』

favyグルメニュース

グルメイベント

7/22〜|丑の日は鰻を天丼で!衣はサクッ!身はふわふわ!北海道産とろろで箸が進む『てんや』

7/22〜|丑の日は鰻を天丼で!衣はサクッ!身はふわふわ!北海道産とろろで箸が進む『てんや』

7月22日(月) 〜 8月7日(水)
7/22〜|焼肉をおかずに鰻を食べる新体験!『KINTAN』で夏の贅沢を満喫

7/22〜|焼肉をおかずに鰻を食べる新体験!『KINTAN』で夏の贅沢を満喫

7月22日(月) 〜 8月5日(月)
7/18〜 | 阪急大阪梅田の「駅ナカ」に立ち飲み屋が期間限定オープン!「SUNTORY STAND umeda」

7/18〜 | 阪急大阪梅田の「駅ナカ」に立ち飲み屋が期間限定オープン!「SUNTORY STAND umeda」

7月18日(木) 〜 9月17日(火)
7/16〜|完熟いちごを削ってかき氷にON!“食べる宝石”の贅沢な夏のひと品を『ICHIBIKO』で

7/16〜|完熟いちごを削ってかき氷にON!“食べる宝石”の贅沢な夏のひと品を『ICHIBIKO』で

7月16日(火) 〜 9月1日(日)
東京・日本橋で「モネ&フレンズ・アライブ」とのコラボドリンクを販売。『サケリスト 日本橋室町』

東京・日本橋で「モネ&フレンズ・アライブ」とのコラボドリンクを販売。『サケリスト 日本橋室町』

7月12日(金) 〜 9月29日(日)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または

メールアドレスでログイン