favy
もう試した?favyアプリで飲食店情報をまとめ読み!
更新日: 2018年09月12日
2 お気に入り

銀座からサルデーニャ料理を発信 「La Baia(ラ・バイア)」が話題

2016年10月15日、銀座一丁目にオープンした一軒のトラットリアが話題を呼んでいる。それが「La Baia(ラ・バイア)」(オーナー 阿部光峰氏)だ。昭和通り沿いに佇む同店は、ビジネス街の中心に位置するため目的来店で訪れる客が少なくない。その一番の目当てが、同店が提供する“サルデーニャ料理”である。

FOOD STADIUM
飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信す...
favyをフォロー
ビジネス街に忽然と佇む、木の温もりを感じさせる作りがひときわ目を引く
実を言うと、同店はもともと「EL CERDO(エル・セルド)」というスペインバルだった。2005年のオープン以来、「EL CERDO」は高い人気を集め続け、某グルメサイトでも圧倒的な点数を獲得していく。しかし、スパニッシュの飲食店を3店舗展開するなかで人材の確保が困難になり、今回、新しいジャンルに挑戦することになった。オーナーの阿部氏は「当初は、イタリアンの肉料理を中心とした業態を考えていました」と言うと、オープンの経緯について次のように話す。「ただ実際にイタリアに行って、様々な料理に触れるうちに、魚介類をふんだんに使ったサルデーニャ料理に惹かれていきました。そこで現地在住の料理研究家・フジタトモコ氏を介して、地元のマンマが作る料理を紹介してもらうことにしたのです。その家庭的な味を味わったとき、日本でも紹介したいと考えて、今回の出店を決めました」。
レモンイエローの壁面には、現地の民芸品や写真などが飾られている
そもそもサルデーニャとは地中海に浮かぶ島の一つで、リゾート地としても知られ、ヨーロッパを中心に多くのエグゼクティブが集う。突き抜けるような青い海に囲まれており、独自の文化を築き上げるなど、島の歴史は古い。こうした特徴を持つサルデーニャの料理は、イタリア本土はもちろん、北アフリカや西アジアなど、幅広い国々の料理から影響を受けていて、島ならではの特徴を持つ。2010年に「地中海の食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録されており、サルデーニャ料理もその一角をなす。同店では、サルデーニャの特徴である魚介類を豊富に使った料理をベースにしながら、現地のマンマ直伝の家庭的な味を再現していく。
熟成期間の長いカラスミがかかった「カラスミのスパゲッティ(2200円~)」は人気メニューのひとつ
メニューは「お任せコース」(一人:5,000円~)をはじめ、「ラ・バイアのお任せ前菜(4品)」(1人前1500円/2人前より)や「カラスミのスパゲッティ(+あさりorいかor牡蠣or海老/各種一種)」(2200円~)、「活オマール海老のカタナーラ(2人前)」(5000円)など、アラカルトの料理も豊富に揃う。特に魚介を使ったメニューには力を入れており、ショーケースの中からお気に入りの食材を選んで、シェフに料理してもらうこともできる。また、ドリンクの中心として、サルデーニャのワインが並ぶ。サルデーニャのワインは、地中海の気候を生かした豊かな味わいに特徴があり、ソムリエなどからの評価も高い。同店では、赤・白・泡とラインアップしており、50種類以上のワインが楽しめる。ビールもサルデーニャ産の「イクスーザ―・ラガー(瓶330ml)」(750円)とシチリア産の「メッシーナ(瓶330ml)」(750円)を揃えるこだわりようだ。
毎朝、市場から仕入れている新鮮な魚介がショーケースを彩る
今後の展開について、阿部氏は「サルデーニャはヨーロッパでは高い知名度がありますが、日本ではまだまだ知られていません。ただ魚介を中心とした食文化など、日本との相性はとても高いエリアでもあります。料理のバリエーションも多彩で奥深いので、日本人に受け入れやすいのではないでしょうか。今後、ますますサルデーニャの注目度が高まっていくことも予想されています。当店が、その情報発信地のような役割を担っていきたいですね」と話す。実は、氏はもともと大手広告代理店でコピーライターをしていた。そのセンスは料理の世界に身を置くことで、ますます磨きがかかっている。阿部氏が仕掛ける次の一手から目が離せない。

(取材=三輪 ダイスケ)
オーナーの阿部光峰氏(右から2番目)と同店のスタッフのみなさん
【店舗情報】
店名:La Baia(ラ・バイア)
住所:東京都中央区銀座1-19-14 広徳ビル1F
アクセス:都営浅草線宝町駅から徒歩4分
     東京メトロ銀座線・京橋駅から徒歩5分
     東京メトロ有楽町線・銀座一丁目駅から徒歩6分
電話:03-3567-3010
営業時間:ランチ(火~土):11:30~13:30(L.O)
     ディナー:18:00〜22:30(L.O)
定休日:日祝
坪数客数:18坪・29席
客単価:8000円
オープン日:2016年10月15日
FOOD STADIUM
飲食店・レストランの“トレンド”を毎日配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」⇒ http://food-stadium.com/

アクセスランキング

醤油味噌塩、あっさり濃厚…井手隊長認定の東京近郊で味わう全国の「ご当地ラーメン」9選 1

醤油味噌塩、あっさり濃厚…井手隊長認定の東京近郊で味わう全国の「ご当地ラーメン」9選

favy編集部
『焼肉きんぐ』食べ放題の4大名物が一新!上手く肉を焼ける2つのルールも公開 2

『焼肉きんぐ』食べ放題の4大名物が一新!上手く肉を焼ける2つのルールも公開

@Kahoo_jp
【飲食チェーンの休校支援】子ども向けメニューを格安提供している飲食チェーン店まとめ 3

【飲食チェーンの休校支援】子ども向けメニューを格安提供している飲食チェーン店まとめ

favy編集部
ついに「肉だく」が公式認定!『吉野家』が4月2日から「肉だく牛丼」新発売!! 4

ついに「肉だく」が公式認定!『吉野家』が4月2日から「肉だく牛丼」新発売!!

favyグルメニュース
新4大名物登場の『焼肉きんぐ』。君は+1000円プレミアムコースの実力を知ってるか? 5

新4大名物登場の『焼肉きんぐ』。君は+1000円プレミアムコースの実力を知ってるか?

SAI

オススメ記事

【岩本町】福岡出身人も納得の博多グルメを居酒屋『博ちゅう』で満喫! 1

【岩本町】福岡出身人も納得の博多グルメを居酒屋『博ちゅう』で満喫!

favy
【馬喰町】100種の日本酒が勢揃い。角打ちで気軽に飲める『岡本屋永吉商店』 2

【馬喰町】100種の日本酒が勢揃い。角打ちで気軽に飲める『岡本屋永吉商店』

favy
【大津】3つの世界が共存する、琵琶湖近くのおしゃれなカフェで午後のひとときを!『What's The Life Style』 3

【大津】3つの世界が共存する、琵琶湖近くのおしゃれなカフェで午後のひとときを!『What's The Life Style』

favy
【本町】創作焼鳥と厳選の日本酒で1杯。酒屋がオープンした焼鳥屋『浅野焼鳥日本酒店』 4

【本町】創作焼鳥と厳選の日本酒で1杯。酒屋がオープンした焼鳥屋『浅野焼鳥日本酒店』

favy
【曙橋】お一人様がひと息つける小料理店。仕事帰りについ寄りたくなってしまう『根もと』 5

【曙橋】お一人様がひと息つける小料理店。仕事帰りについ寄りたくなってしまう『根もと』

favy

グルメイベント

【期間限定】ロッテリアのリブサンドポークに「TERIYAKI」と「ダブルベーコン」登場

【期間限定】ロッテリアのリブサンドポークに「TERIYAKI」と「ダブルベーコン」登場

4月2日(木) 〜 5月27日(水)
【4/1〜】ピザまたはチーズ1品が半額!モッツァレラチーズ専門店『オービカ 西新宿』のクーポン配布

【4/1〜】ピザまたはチーズ1品が半額!モッツァレラチーズ専門店『オービカ 西新宿』のクーポン配布

4月1日(水) 〜 8月31日(月)
原価100%祭りのアレも登場! 4〜5月の『29ON 表参道店』はtheクラシックビストロ

原価100%祭りのアレも登場! 4〜5月の『29ON 表参道店』はtheクラシックビストロ

4月1日(水) 〜 5月30日(土)
ついに「肉だく」が公式認定!『吉野家』が4月2日から「肉だく牛丼」新発売!!

ついに「肉だく」が公式認定!『吉野家』が4月2日から「肉だく牛丼」新発売!!

4月1日(水) 〜 4月22日(水)
【1週間限定】バーガーキングが総肉量499gの「超ワンパウンドビーフバーガー」発売!

【1週間限定】バーガーキングが総肉量499gの「超ワンパウンドビーフバーガー」発売!

3月27日(金) 〜 4月2日(木)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または