更新日: 2020年11月28日
3 お気に入り

「立ちそばで冷たいそばは頼まない」その考え、小伝馬町『おか田』に行けば変わります!

暑い時期になると冷たいもりそばが食べたくなる。しかし立ち食いそば店では、これがあまり人気ではないのだ。なぜなのか? その理由と、冷たいもりそばと天ぷらをおいしく食べる解決手段が、今回、紹介する小伝馬町『立食蕎麦処 おか田』のつけ天そばにある。(2019年7月12日公開)

東京ソバット団
本橋隆司=美味い立ち食いそばを求めて西へ東へ...
favyをフォロー

冷たいそばと天ぷらをおいしく味わうなら『立食蕎麦処 おか田』

おか田外観
小伝馬町の『立食蕎麦処 おか田』には、「つけ天そば」(510円)という、一風、変わったメニューがある。
見た目はもりかき揚げと変わらないのだが、実はこのツユがアツアツなのだ。

『おか田』の「つけ天そば」はもりそば+天ぷらの最適解

「アツアツだからなに?」

と思う人もいるかもしれないが、この冷たいそばにアツアツのツユというのは、いいところがたくさんある。
まず、冷たいそばと熱いツユのコントラストが楽しい。そして次にツユに温められて、そばの香りが引き立つ。

配合に独自のオーダーをしているという、松本製麺の生麺はツルッと喉越しがよく、これを熱いツユにつけてズズッとすするのが、楽しくうまいのだ。
おか田のつけ天そば全景
そしてこれが一番、大事なことなのだが、天ぷらがおいしく食べられるのだ。

ご存知のように、立ち食いそばの天ぷら類は、たいていが揚げ置きで、少々、固くなっている。
それを温かいツユになじませて食べるのがたまらないのだが、これがもりそばなどの冷たいツユだとどうだろう?
ツユがなじまず天ぷらは固いまま。衣の油も溶け出さず、味気ないことになってしまうのだ。
おか田のつけ天そば(そばリフト)
でも、『おか田』の「つけ天そば」なら大丈夫。

かけツユにかえしを加えて調整した、この熱いツユにどっぷりつければ、天ぷらはちょうどいいコンディションになる。
そばもおいしく食べられるし、まさにスキのないメニューなのである。
おか田の天ぷらメニュー
実はこのつけ天そばは、あるお客さんからのリクエストで生まれたもの。

試しにやってみたところ、これがすぐに人気メニューになったのだ。
老舗のそば店では、もりそばにつくかき揚げを温かいツユに浸して出すところがあるが、それを立ち食いそば店で食べられるのだから、なんともうれしい話である。

“そのままタイプ”の春菊天が絶品

おか田の春菊天そば
さて、つけ天そばの話ばかりしてきたが、この『立食蕎麦処 おか田』は温かいそばも、もちろんおいしい。

ツユは少々、甘めながらダシの香りがしっかりとあってバランスが良いタイプ。
そばもしっかりと締められているから、温かいツユでも最後までツルツルと食べられる。
天ぷらは衣が薄めで、サクッと軽やかに揚げられていて、ツユのなじみもいい。

人気の「春菊天そば」(460円)は、春菊が刻まれていない、香りのいいそのままタイプ。
優しめのツユをまとうと香りが際立ち、春菊天をおかわりしたくなるほどのおいしさだった。
おか田の厨房
工夫があって仕事の丁寧な『立食蕎麦処 おか田』だが、聞いてみると、これまでにはさまざまな紆余曲折があったという。

店主の岡田さんは、小さい頃に地元の谷中で食べた立ち食いそばの味が忘れられず、いつか自分でそば店をやってみたいと考えていたそうだ。
その後、大人になってガラス職人になったが、駅そばでバイトをするなど修行をして、ついに2008年に『立食蕎麦処 おか田』を春日で開業。経営は順調だったものの再開発のため立ち退くことになり、2015年に小伝馬町へ移ってきたのだ。
おか田の店内、壁の案内
小伝馬町で再オープンした当初は苦戦したそうだが、徐々に常連客も増え、今ではすっかり人気店となった。
そば、ツユ、天ぷら、どれもまじめに作られているのが、だんだんと伝わったのだろう。

安くておいしいが原点

おか田の鴨そば
そのまじめさがはっきり分かるのが、「鴨そば」(620円)だ。
少々、お高めの値段設定だが、4枚乗った鴨は柔らかくてうまみも濃い、上等なもの。さらに「きつね」と「たぬき」までついてくるのだから、食べごたえは十分。

お客さんをしっかり満足させたいという気持ちが、この一品ではっきり分かる。
おか田の店内
ちなみに店内にはカウンターの椅子席とテーブル席に加え、立ち食いのカウンターもある。
これはやはり、場所は変われど、岡田さんの原点である安くておいしい「立ち食いそば」であろうとする気持ちのあらわれなのだろう。
おか田の卓上薬味
最後にひとつ、『立食蕎麦処 おか田』にはカウンターに山椒が置いてある。

そばにはなじみのない山椒だが、これをちょっと振ると爽やかな辛さでツユが締まり、なんともうまいのだ。
特に温かいツユの「つけ天そば」は、山椒の香りが良く立つ。
『立食蕎麦処 おか田』で「つけ天そば」を食べるときには、ぜひ試してみてほしい。
favyサブスク
favyサブスク
東京ソバット団
本橋隆司=美味い立ち食いそばを求めて西へ東へ。バッと行ってバッと食ってバッと帰る東京ソバット団の団長。そば以外にもフリーの編集、ライターとしてウェブなどで仕事中。近著『立ち食いそば大図鑑』(スタンダーズプレス)、FBページ「https://www.facebook.com/tokyosobatdan/」

アクセスランキング

【4月14〜20日】ナゲット10ピースが半額!『ケンタッキー』でお得なキャンペーンが開催! 1

【4月14〜20日】ナゲット10ピースが半額!『ケンタッキー』でお得なキャンペーンが開催!

favyグルメニュース
【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中 2

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

favy
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン 3

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

favy
「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足! 4

「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足!

29ON(ニクオン)
【期間限定】一部牛たんメニューが半額!“0秒レモンサワー”で人気の『ときわ亭』がイベント開催! 5

【期間限定】一部牛たんメニューが半額!“0秒レモンサワー”で人気の『ときわ亭』がイベント開催!

favyグルメニュース

オススメ記事

「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足! 1

「日本酒とアテ」の組合わせを研究!日本酒がより楽しくなるサンチェス下田のオンラインサロン発足!

29ON(ニクオン)
【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ! 2

【神田】休日は12時から。大人のドリンクバーで飲み放題の『とらじ亭』で昼飲みを決めろ!

favy
【門前仲町】厚さ3cmのトンカツをドーン!ガッツリ系カレーが『IZUMITEI』に新登場! 3

【門前仲町】厚さ3cmのトンカツをドーン!ガッツリ系カレーが『IZUMITEI』に新登場!

favy
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン 4

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

favy
【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中 5

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

favy

グルメイベント

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売

【期間限定】新宿『サブスクスタンドフラット』のコラボガール決定!永濱あやり考案の爽やかなドリンクも販売

4月10日(土) 〜 7月9日(金)
【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

【4/8〜14】高級茶を1人1杯無料で提供!日本茶専門店『CRAFT TEA』が丸の内・飯田橋にオープン

4月8日(木) 〜 4月14日(水)
【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

【4/30まで】豪華海鮮丼は200円引き・ドリンクは何杯でも半額!君津『菊藏』でイベント開催中

3月26日(金) 〜 4月30日(金)
月額500円で浜松市の飲食店で特典がもらえるサブスク『やらまいかパス』がスタート

月額500円で浜松市の飲食店で特典がもらえるサブスク『やらまいかパス』がスタート

3月8日(月) 〜
クーポン画像見せるだけ!『居酒屋一休』で全メニュー半額の「一休カード」を無料ゲットしよう

クーポン画像見せるだけ!『居酒屋一休』で全メニュー半額の「一休カード」を無料ゲットしよう

3月1日(月) 〜 4月30日(金)

おすすめカテゴリー

favy各機能をお使いいただくには
無料会員登録が必要です。

今すぐ会員登録

または